nippori
待ち合わせ型デリヘルの女の子と、日暮里で待ち合わせをしていた。
ちょっと早く着いてしまったので、日暮里駅のベンチに座る。
じつはこのベンチ、いらなくなったエンピツで作られたベンチらしいんですよね。エンピツでベンチが作れるなんてびっくりだ。
日暮里エキュートが呼びかけて、近くの小学校や住民、日暮里駅利用者などから5500本のエンピツを集めたそうです。
それを材料に作ったこのベンチには、温かみがあります。
日暮里のある荒川区は実はエンピツ産業のさかんな街ということで、地場産業として、現代でも多くの工場が残っている。
(おお、そろそろ時間だ!)
おれは立ち上がり約束の場所に向かう。
すると、すでにデリヘルの女の子がたたずんでいるではないか。
長い髪の美人だ。ちょっと待たせてしまったらしい。
気づいてなかったがスマホにも不在着信があった。
「全然気にしないで」とデリヘル嬢が言う。
おれたちは腕を組んで日暮里を歩いた。リーズナブルなホテルに入り、ひとときのプレイを楽しみました。

今や水は買う時代。昔なら考えられなかったでしょうが、すっかり水やお茶にお金を出すことが日常になっています。
だからこそ人気のお店、日暮里近くにあるミネラルウオーター専門店「マザーウォーター東京ショーケース」。水源地の自然保護団体に売り上げの一部を寄付する活動もしているお店。水は今後価値が高くなる資源らしいのです。中国やインドで水を大量に使用するので、枯渇している地域がどんどん出てきているのです。日本の水資源も海外から狙われていると言います。水は蛇口をひねったら出てくる時代ではなくなるかもしれません。
枯渇して困るもの。それは150cm未満の女性です。
食事の欧米化が進み、背が高く足が長く胸の大きい女性が増えているのです。これは、ミ〇モニ大好きの超絶ロリコンにはピンチの出来事です。
日暮里にある小さい女の子専門のデリヘル。専門店ができるくらいなんだから、この手の需要はかなりのものだと思いませんか。
あの小学生のような感じ、なのに巨乳とかいうギャップ、ロリ巨乳ですね。そして征服感を味わえるのがたまらないのです。
お客さんのことを「お兄ちゃん」と呼んでくれる幼児性。最高ですね。
このようなお店がこれから減っていくかもしれないと思うと危機感を感じます。

12月と言えばクリスマス。日暮里にもツリーやイルミネーション、そしてクリスマスソングと、賑やかな街になってきました。
エキュート日暮里にはクリスマスを彩るスイーツや雑貨、オードブルなどがカラフルに並びます。ちょっとしたものでもいいので、身近な人へのクリスマスプレゼントを選んでみてはどうでしょうか。
日暮里のデリヘルにも、もちろんクリスマスはやってきます。
ネットでデリヘル情報などをチェックしていると、出てくるのはサンタコスプレのデリヘル嬢たち。最近ではビザの配達やコンビニの店員もクリスマス近くなると、サンタやトナカイの衣装に身を包んでいますものね。
ピザの配達の人なんかはちょっと寒そうで可哀そうですけど。
デリヘル嬢のサンタコスは、さすがです。ミニスカサンタは胸の谷間もくっきりのエロ仕様。これでなくてはいけません。
最近の風潮では、クリスマスは恋人と過ごすよりも家族と過ごしたり、またクリスマス事態を意識していない人も増えているとか。
でもなんだかんだ言いながら、クリスマスに男一人で部屋にいるのは淋しい!と思う時は、サンタコスプレのかわいいデリヘル嬢を呼んじゃって、癒してもえば、心の寒さも和らぎますよね。